プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日学校で友達の携帯のテレビで代表発表見てました。
久保が選ばれなかったのはびっくりでしたが
まぁあのコンディションなら当然でしょうね。
巻を選ぶのは賢明でしたね。
で、これがジーコの選んだ23人の勇者達です。

GK
土肥洋一(F東京)
神がかり的なスーパーセーブを見せる。
ドイツでは出番は厳しいが陰で日本を支えてほしい。

川口能活(磐田)
正守護神川口。前回大会出れなかった悔しさをバネに
ドイツで日本のゴールに鍵をかける。

楢崎正剛(名古屋)
前回大会の正守護神。今回は控えになるだろうが
W杯日本の2勝の経験は今の日本に重要だ。

DF
田中誠(磐田)
日本が1番長くやっている3バックの右を務める。
他の2人と共に相手の攻撃を食い止めてほしい。

宮本恒靖(G大阪)
日本の主将。フィジカルで劣る分、頭で相手攻撃陣を交わせ。
セットプレーでも大きな武器となる。

三都主アレサンドロ(浦和)
今年は調子の良い三都主。苦手の守備さえ克服すれば
得意の攻撃で幾度となく攻撃の要になる。

中澤佑二(横浜)
DFとして世界水準のボンバー。高さで日本の制空権を奪う。
攻守の要として、出れなかった人の分も、横浜魂で世界に挑め。

中田浩二(バーゼル)
万能DFとして2大会連続出場。前回大会の主力は今回は控えだが
いざとなった時のバックアップとして日本を支える。

坪井慶介(浦和)
スピードで相手に付いて行く。時折見せるドリブル突破も魅力の1つ。
フェアプレー賞受賞者の坪井がフェアに日本を勝利に導く。

加地亮(G大阪)
成長の跡が見られる加地さん。コンフェデで見せた輝きを
ドイツでも見せれば間違いなく右サイドの主導権を握れる。

駒野友一(広島)
代表最年少の駒野。右も左もこなせる貴重な存在。
チームメートの寿人の思いを背にいざドイツへ。

MF
福西崇史(磐田)
ボランチとしての能力は高いものを持つ。得点能力もあるので
セットプレーでも期待できる。

中田英寿(ボルトン)
これが最後の代表と噂される。
ヒデの出来が日本の進む道を左右すると言っても過言ではない。

中村俊輔(セルティック)
俊輔の左足から繰り出される七色のパスが日本の最大の武器。
4年前の悔しさを晴らす時が来た。

小笠原満男(鹿島)
この4年、国内組で1番成長しただろう。あまり出れなかった4年前とは
違う立場で挑むドイツのピッチは、彼にどう写るのだろうか。

稲本潤一(ウケストブロミッチ)
4年前の輝きは忘れない。あれから幾多の苦難を乗り越えて
再び輝く舞台が整った。

小野伸二(浦和)
体調不良で4年前は悔しい思いをした。だが今回は日本に戻ってきて
万全の態勢で夢の舞台に立てる。

遠藤保仁(G大阪)
献身的な動きでジーコジャパンを支えてきたヤット。控えに
なるだろうがドイツで躍動してほしい。

FW
柳沢敦(鹿島)
先ずは怪我を治してほしい。ストライカーとしての能力は高いのだから
自信をもって挑め。

高原直泰(ハンブルガーSV)
前回直前でエコノミークラス症候群になり悔しい思いをした。
決定力不足解消の為にゴールを。

玉田圭司(名古屋)
スピード、ドリブルとシュートに持っていくまでの力はあるので
後は決めるだけ。形にはまればアジア杯の輝きを取り戻せるかも。

大黒将志(グルノーブル)
日本の救世主となった男が今度はエースとして日本を引っ張る。
良いパサーが揃っている中盤との連携でゴール量産なるか。

巻誠一郎(千葉)
泥臭さ、アグレッシブさでピッチを駆け回れ。この選出が
間違いではなかった事を証明だ。

これが日本最強の選手が集まったとは言えませんがね。
やっぱりマツがいないと(´・ω・`)

佑二のコメント
「まず、監督、チームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんの
支えがあり、F・マリノスという素晴らしいチームのメンバーとして、
今この場にいれることを、感謝しています。
また、前回2002年の時はとても悔しい思いをしたので、
今日という日を迎えることができてとてもうれしく思います。
精一杯やっていきたいと思います。

今日、この場からワールドカップに向けてのスイッチが入りました。
より真剣に(本大会へ向け)臨んでいきたいと思います。
つい先日まで(代表でも)一緒にやってきたタツさん(久保選手)が
いないのはとても残念ですが、タツさんやマツ(松田選手)の分まで
がんばりたいです。『横浜F・マリノスの中澤佑二』という姿を、
ワールドカップという舞台でも出すことができればと思っています。
ひたむきに泥臭くやってきたいです。


先日のスコットランド戦でのケガは、初めての顔のケガだったので
自分でも心配でした。まだ腫れはありますが、
目に異常はないということなので大丈夫です。」

佑二・・・やっぱマツとやりたかったんだよなぁ(ノД`)°。°
4年前はマツが俊輔と、波戸と奥の思いを背に闘ったんだ、
今回は佑二がマツと久保の思いを背にドイツで暴れてきてくれ(つД`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tricolorpower.blog46.fc2.com/tb.php/34-750a0685

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。