プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い流れ

昨日は精神的に疲れる試合だった。
ゴール裏で頑張って声を出して、跳ねまくったのに
あんな負け方をされたらすごい堪えるし精神的にも落ちてしまう。
実際、2失点とも崩されて取られたものではなく
1失点目の桜井のゴールも、勇蔵に当たってなかったら
コース的に達也がセーブできるシュートだった。
小林大のゴールももう1回やれって言われても多分無理なゴール。
交通事故的な面もあったけど、それでも失点は失点。
2失点目は先ず、小林大にシュートを打たせなければ良かった。
吉原がキープしてからの繋ぎの場面で、ファール覚悟で激しく当たって
吉原からボールを奪うべきだった。
それが出来ずに小林大に繋がれたとしても
あんなにコースを空けてしまったら入る可能性だって上がってしまう。
もっと寄せてシュートという選択肢をなくさせるか
コースを消すべきだった。
昨日の試合、ゴール裏からで後半とかあんまよく向こう側は見えなかったが
大敗した浦和戦に比べ、そんなにヤバイ局面はなかったと思う。
それなのにあの失点の仕方というのは
全体的な集中力のなさもあるし、中盤の運動量が後半途中で
無くなってたりするとこもあると思う。
あんだけシーズン前に走りこんでこの運動量の無さというのは
どうしてなんだろうかと疑問が残る。
マグロン、良治のそれぞれの役割もはっきりしていない気がする。
レッズファンのRYOに今の守備陣の現状を話したら
「うちだってそう。でも啓太がいるから崩壊はしていない」
と言われた。
マグロン、良治はどちらかというと攻撃に絡むほう。
当然守備もちゃんとやるが。
今の中盤の守備を見てると、ボランチには守専のボランチを良治と組ませ
マグロンをトップ下に上げた方が良いと思う。
ここで那須の激しい守備力が必要とされる、と思う。
那須は攻撃力が良治、マグロンに比べ劣っているので
干されているが、守専なら関係なく心置きなく守備に専念出来る。

正直、今のマリノスのやりたいサッカーが分からない。
開幕してからの数試合は、中盤のパスワークから
左サイドのブラジルトリオを絡めた攻撃をしていた、はずだ。
それが今は中盤のパスワークどころか、中盤を追い越しての
縦ポンサッカーになっている気がする。
こういうサッカーをしているから今のマリノスでトップ下の
奥、功治が消えてしまうわけなんだろう。
困った時の縦ポンは終了直前のパワープレーの時だけで良い。

結局はマリノスは奥のチームかもしれない。
奥が離脱する前、更にはジローが離脱する前
彼らは走り回ってくれてたし、守備面でも貢献が大きかった。
その2人がいなくなると、前線からのプレッシャーが
開幕頃に比べ少なくなってる気がする。

とにかく、早くこの悪い流れを断ち切ってほしい。
このままだと去年のようにずるずる行っちゃいそうだ。
スポンサーサイト

コメント

今は吉田のトップ下より、那須と上野をボランチにしてマグロンをトップ下ってのが良いと思うのですがね。
やっぱ中盤でダイレクトで効果的にボールが回るのって見てて楽しいし、どういうフィニッシュになるんだろう?ってワクワクしますが、マツから久保やオオシめがけて放り込むだけじゃねぇ・・・
奥も年齢的にきつくなってくるのはしょうがないし、後藤あたりにがんばってもらわないと、ですね。

マツのフィードももう少し精度が良ければ
放り込みでも多少得点機が生まれそうな
気がするんですけどねぇ。
いかんせんマツのフィードはことごとく敵に奪われる始末ですし・・・
1ヶ月前の中盤のパスワークからの崩しが
普通に出来てた頃が懐かしく思えますよ・・・
後藤、狩野といった若手がレギュラー陣を
脅かす存在になってくれれば
世代交代も円滑に進むだろうし
奥頼みのサッカーからの脱皮が出来そうですね。
若手には頑張ってほしいところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tricolorpower.blog46.fc2.com/tb.php/24-34ae693b

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。