プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ML戦記:死闘

シーマンセルティックとして初のタイトル獲得のかかった
UEFAカップ決勝対バイエルン・ミュンヘン。
この試合は歴史に残る死闘となった。

舞台はスペイン、カンプ・ノウ。
約9万のサポーターが訪れた。
前半戦は開始直後からセルティックのペース。
自慢のパスワークは今日も冴え、バイヤンDF陣を混乱させた。
試合が動いたのは前半ロスタイム。
ジーナスとのパス交換から左サイドを突破した大久保が
角度のない所ながらきっちりと沈め、セルティックが先制した。
前半戦は1-0。セルティックの良さだけが目立った格好となった。

後半戦、バイヤンが少し盛り返すも
セルティックは中々主導権を渡さない。
しかし後半30分、サリハミジッチのシュートを秋元がセーブするも
こぼれ球をシュヴァインシュタイガーに無人となっていた
ゴールに押し込まれ同点に追いつかれる。
だが、負けじと後半34分、中央をドリブル突破した
コネが豪快に右足を振りぬきネットを揺らす。2-1。
その後もセルティックが終始押し気味でロスタイム3分に突入。
この3分を乗り切れば・・・タイトルが獲れる。
しかし、現実はそう甘くなかった。
ロスタイムが2分を過ぎたところで、
マカーイが苦し紛れのミドルを放つ。
威力が弱いこのシュートは楽々キーパーがセーブかと思われたが
ブラーフヘイトの脚に当たってコースが変わってしまう。
これが何とフリーでサンタクルスに渡ってしまい同点弾を許す。
90分が終了し、2-2。
バイヤンが土壇場で追いついたこのゲーム。
しかし、本当の戦いはこれからだった。

延長戦前半に入ってもセルティックは攻勢に出た。
11分には右サイドコネのグラウンダーのクロスを
右足できっちりと流し込んで3-2。
だがその4分後、延長戦前半ロスタイム。
PA内の混戦で青山がダイスラーを倒してしまいPKを献上。
これをマカーイが落ち着いて秋元の逆を突き
みたびバイヤンが同点に追いついた。
驚異的なバイヤンの粘りと追いつかれても追いつかれても
突き放してくるセルティックの死闘に、敵味方関係なしに
サポーター達は大興奮していた。

延長戦後半4分、左サイド長谷部のグラウンダーのクロスを
大久保が右足で押し込もうとするもキーパーがセーブ。
しかし、そのボールは浮き球となり、もう一度大久保が
今度は頭で押し込もうとする。
威力の弱いヘッドだったが、逆にキーパーのタイミングを外す形となり
ぼてぼてと弾みながら転がったボールはネットに吸い込まれた。
4-3。残りは11分あるがセルティックとしては
今度こその気持ちが強かった。
だが延長戦後半10分、左からのアーリーをポドルスキがヘッド。
フリーで打たせてしまったので一瞬ひやりとなったが
これはキーパー秋元の真正面を突いた。

そして試合終了のホイッスルが鳴り響く。
とてつもない死闘となったこの試合は
セルティックがバイヤンの粘りを振り切り、栄冠に輝いた。

「本当に今日はエキサイティングな試合だったよ!
バイヤンの粘りも見事だった。今日の試合は最後の最後まで
予想のつかないゲームになった。それでも選手達は
タイトルという1つの目標に向かって必死に頑張ってくれた。
私はこんな素晴らしい選手達やスタッフ、サポーター達に
恵まれて本当に幸せだよ。」
と試合後、シーマンはコメントを残した。

UEFAカップ決勝結果

セルティック4-3バイエルン・ミュンヘン

個人タイトル
MVP:大久保(セルティック)
得点王:大久保(セルティック)10ゴール
アシスト王:リュンベリ(アーセナル)5アシスト

UEFAチャンピオンズリーグ決勝結果

ミラン0-2バルセロナ

個人タイトル
MVP:シャビ(バルセロナ)
得点王イブラヒモビッチ(インテル)8ゴール
アシスト王:デコ(バルセロナ)5アシスト
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tricolorpower.blog46.fc2.com/tb.php/161-cd2f840e

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。