プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ML戦記:成長

昨季、極度の不振に陥ったセルティック。
CLの出場権を得る事が出来なかったが
シーマンは
「逆に序盤はリーグ戦に集中できる。」
と前向きなコメント。
その言葉通りに、セルティックは昨季研究され尽くしていた
パスサッカーを復活させ、快進撃を続けた。
その快進撃を支えてる中心にジーナスがいる。
昨季までグラベセンの控えに甘んじていたが
今季からは世代交代を円滑に進めていきたいシーマンの方針により
グラベセンに変わってレギュラーの座を掴んだ。
「元々能力の高い選手だから心配はしていない。」
シーマンは大きな期待を寄せていた。
当初はあまり良いパフォーマンスを見せる事は出来なかったが
徐々にチームにもフィットし、セルティックの攻守で支えている。
攻撃時には、前線で絶妙な絡みを見せ、
時には相手DF陣の一瞬の隙を突く飛び出しでチャンスメイクしている。
冬の移籍シーズンを前に、5ゴールを挙げている。
「この1年間で最も成長したといっても良い。
何度も言うが、元々能力の高い選手。代表にも選ばれてるしね。
それでもグラベセンという高い壁があったからベンチを温める
選手になってしまってたけど、レギュラーになって
サッカー選手として一皮も二皮も剥けたと思う。」
とシーマンに言わしめる存在になった。

成長といえば―エスピノーサも忘れてはいけない。
スタミナがあまりなく、今では控えだが
将来性もかなりあり、巷ではポスト俊輔とも言われている。
パスセンス、シュートセンス等同世代の選手の中では
世界でも5本の指には入ると言われている将来のスター候補だ。
「入団した頃に比べ、動きの質や視野の広さが成長したんじゃない。」と俊輔も彼の成長には一目を置く。
更に今季入団のオレジャノもアルゼンチンのA代表召集も
噂されるほどの選手。
エスピノーサ同様、フィジカル面で他の選手に劣っているが
FWとしての技量、ゴールへの嗅覚は光るものを持っている。

若い力も台頭する中、中堅、ベテラン勢も負けじと
良いパフォーマンスを見せている。
チームの歯車がかみ合ってるセルティックは、新加入コネの
活躍もあり、得点力も向上。
冬の移籍シーズンを前に2位につけている。
しかし、今季絶好調のチェルシーとは勝ち点差7。
悲願の初優勝へ向けて、これから先、
無駄な勝ち点を落とすわけにはいかない状況となっている。


UEFAカップ組み合わせ

セルティック-ベンフィカ
NACブレダ-トロワ
ADOデンハーグ-リヨン
ボルトン-ジュールガルデン
マンチェスター・シティ-デポルティーボ
ニース-ユベントス
SCヘーレンフェーン-マルセイユ
フィテッセ-ソショー
AZ-ディナモ・キエフ
フェネルバフチェ-フィオレンティーナ
アーセナル-ウディネーゼ
ナント-ローマ
オサスナ-モナコ
ビジャレアル-オリンピアコス
パリSG-バイエルン・ミュンヘン
サラゴサ-サンプドリア

全体的に強豪チームがばらけた組み合わせとなった。
1回戦屈指の好カードはマンC-デポルティーボの
前回大会も8強に進んだ実力伯仲同士の対戦か。
昨年はCLの決勝Tに進んだパリSG-バイヤンの試合も
激戦になるだろうから注目だ。

UEFAチャンピオンズリーグ組み合わせ

バレンシア-スポルティング・リスボン
ニューキャッスル-パレルモ
ミラン-アンデルレヒト
ラツィオ-ローゼンボリ
バルセロナ-PSV
チェルシー-リバプール
アヤックス-インテル
マンチェスター・ユナイテッド-レアル

決勝T1回戦屈指の好カードは連覇を狙うチェルシーとリバプールの
プレミア対決。互いに手の内を知り尽くしているだけに
どんな戦いになるのか注目だ。
また、マンU-レアルの戦いも激戦必至か。
アンデルレヒト、リスボン、ローゼンボリといった
今大会台風の目となりつつあるチームの戦い振りにも目が離せない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tricolorpower.blog46.fc2.com/tb.php/155-f0621ffd

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。