プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CL準決勝第1戦、FAカップ準決勝、CL準決勝第2戦と
チェルシーとの3連戦となった。
CL準決勝第1戦はホーム、セルティックパークでの試合。
絶対に落とせない試合だ。

だが、第1戦は思いもしないような展開となる。
前半10分、キーパーのチェフがスローイングでマケレレへ。
このボールをヘッドでチェフに戻そうとした。
しかしそのボールは何とヘッセリンクの元へ。
胸でトラップしたヘッセリンクは落ち着いて左足で流し込み
セルティックが幸先良く先制した。
その後もセルティックが押し気味だったが、追加点は奪えなかった。

そして運命の後半戦。
ハーフタイムを経て息を吹き返したかのごとく
チェルシーのペースになった。
ロッベン、ドログバ、シェバの3トップが次第に牙を剥く。
後半17分、左サイドをロッベンが突破。
ロッベンのグラウンダーのクロスを
ドログバが流し込んで同点に追いつく。
更に26分にはランパードの強烈ミドルを秋元がセーブするも
こぼれ球をシェバが押し込んでチェルシーが逆転する。
その後も隙を見せなかったチェルシーが逃げ切って
第1戦を制した。

そしてFAカップ準決勝。
セルティックはすべてをCLに賭けるために、主力を温存した。
対するチェルシーはほぼベストのメンバーで挑んできた。

前半4分、ウォレスがPA内でドログバを倒してしまいPKを与える。
更に一発レッドで退場となった。
このPKをランパードがきっちり沈め、チェルシーが先制。
セルティックもエスピノーサを中心とした攻めで
同点に追いつこうとするも、チェルシーの堅守の前には
どうする事も出来ずに、時間が過ぎるのを待つのみとなった。
後半22分にはランパードに直接FKを決められ
決定的な2点目を与えてしまうと、ついに集中力が切れてしまったのか
ジュラフスキがやってはいけない事をしてしまう。
テリーにボールを奪われるとそのままスライディングタックル。
後ろからこれを喰らった形のテリーは試合の続行は不可能とされ
交代を余儀なくされた。
そしてそのジュラフスキのプレーに対してレッドが提示される。
大荒れ模様となったこの試合は結局チェルシーが2-0で勝利した。
試合後の検査の結果、テリーは
右足腓骨骨折全治2~3ヶ月と診断され、今季の残り試合出場は
事実上不可能となった。
これを受け、セルティックはジュラフスキの今季残り試合の
ベンチ外が決定し、更に今季限りで解雇も示唆という事になった。

精神的なショックを持ったまま、CL第2戦を迎える事になった。
そんなセルティックだが、更に彼らを待ち受ける大きな壁が現れた。
この日の天気は雨。パスサッカーが持ち味のセルティックにとって
この雨はチェルシー以上に大きな壁になった。
絶対に勝たなければいけない、しかも2点は最低でも取らないと。
なのにこの雨でセルティックのサッカーは
ロングボール主体の攻撃になった。
2次攻撃、3次攻撃もなく、迫力に欠ける攻撃が繰り返される
セルティックの攻撃は実に単調なものだった。
チェルシーにいいように守られ、次第にリズムを崩し
試合の流れはチェルシーに渡ったまま折り返した。

後半になってもセルティックの単調な攻撃は変わらず
逆に、後半15分に左サイドを突破したロッベンに決められ
与えてはいけない先制点を与えてしまった。
その直後、セルティックはロビー・キーンを投入し3トップに変更する。
これが功を奏し、セルティックの攻撃が鋭くなった。
29分にはロビー・キーンのスルーパスに左サイドから抜け出た
大久保が反応し、マークを振り払いキーパーの股下を抜くゴールで
この試合同点に追いついた。
あと1点取れば延長戦にもつれ込ませれるだけに
セルティックが猛反撃にでた。
長谷部のミドル、グラベセンのヘッド、3トップ陣のシュートと
必死に攻勢に出るもゴールは奪えなかった。
ロスタイムには長谷部が得意の位置からミドルを放つも
ポストに嫌われてしまう。
そして試合終了の笛が鳴る。
これでセルティックはCL、FAカップで敗退し
更にリーグ戦も優勝の可能性が消滅し、2年連続無冠となった。

試合後、シーマンは涙をこらえ、必死に声を振り絞りコメントした。
「今日は・・・この雨、大雨にも負けずによく頑張った。
単調なサッカーになってしまった事は
ハーフタイムでも歯止めが効かなかった・・・。
この雨でも打開策を講じられなかったのは私の力不足だ・・・。
後1点が本当に遠かった。それでもここまでこれたのは
本当に自信になるし、私は選手たちを誇りに思う。
だが、我々はこれで終わりというわけではない。
まだシーズンは続く。無冠が決定しても、来季への布石を作れるように
残り試合を戦っていきたい。」

CL準決勝結果
セルティック2-3チェルシー(1-2、1-1)
バルサ3-3レアル(1-3、2-0。アウェーゴールでレアル勝利)

CL決勝
チェルシー-レアル

バルサの3連覇の夢が途絶えた。
旋風を起こしたセルティックは惜しくもチェルシーに敗れる。

UEFAカップ準決勝結果
デポルティーボ2-4アーセナル(1-2、1-2)
ビジャレアル1-3ニューキャッスル(0-1、1-2)

UEFAカップ決勝
アーセナル-ニューキャッスル

2年連続決勝同カードになった。
リベンジのアーセナルか、連覇のニューキャッスルか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tricolorpower.blog46.fc2.com/tb.php/151-43b6d7f5

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。