プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶好調だったCLとは対照的にリーグ戦では不振に陥ってしまった。
特に、レギュラーと控えの差が露呈し始めてきた。
リーグ戦、FAカップ、CLの並行により
ターンオーバー制をとっているだけに、控え組の試合出場が
多くなり、それが引き金となって不振となっているようだ。
控え組中心で挑んだニューキャッスル戦は1-3
レギュラー組で挑んだチェルシー戦は0-3
レディングには3-0で快勝したが、続く第4節のレギュラー組で挑んだ
リバプール戦は0-2、完敗となった。
その後は勝ったり負けたりの繰り返し。
下位チームには取りこぼしがなかったものの
CL圏内の4位争いを演じているマンCには1-3で敗れ
更に続く、ポーツマス戦では控え組で挑み0-2の完敗とし
2連敗を喫す事になった。
これにシーマンは
「レギュラーと控えの差があるのは前々から分かっていた。
だが、ここまで実戦で思うようなサッカーが出来ないとは思わなかった。」
とコメント。

本当に対照的となるのがカップ戦。
FAカップ1回戦をシードされたセルティックは2回戦でレディングと対戦。
大久保の2ゴールなどで4-0と快勝。
準々決勝はリバプールと対戦する。
だが、CLでは初戦のマンU戦で
ヘッセリンクとロビー・キーンの両FWが代表召集で欠場し、
苦戦を強いられたが何とか0-0の引き分けとした。
「この試合はアウェーゴールを奪われなかったのが唯一の収穫だ。」
とシーマンの短いコメントから
内容のある試合ではなかったと共に、彼の最近のストレスを感じさせられる。
27節を終了して13勝8敗6分勝ち点45の順位は7位。
首位マンUとは勝ち点差24をつけられているが
4位リバプールとは勝ち点差は5。これ以上は離されたくないところだ。

☆シーマン語録☆
“ボールをゴールに入れれば良いだけなのに、
それが出来ないからいつまでたってもベンチ外なんだよ。”
(控え組で挑んだニューキャッスル戦、1-1の同点で迎えた
後半27分にキーパーと1対1になり交わして無人のゴールに
シュートするも、シュートはバーの上に飛んでしまった
ジェラフスキに対する試合後のきついコメント。
結局試合はその後2失点し、1-3で敗れた。)

CL決勝T1回戦1st Leg
ミラン1-0リバプール
セルティック0-0マンU
バレンシア3-1ベンフィカ
チェルシー4-0パレルモ
パリSG0-2ローマ
バルサ1-2インテル
ポルト0-2アヤックス
バイヤン1-2レアル

3連覇を狙うバルサが第1戦を落としてしまった。

UEFAカップ1回戦結果(スコアは2戦合計)
オリンピアコス3-2マルセイユ
フィオレンティーナ2-3デポルティボ
サンテティエンヌ3-2スパルタ・プラハ
ディナモ・キエフ2-0ローダJC
ナント3-1サンプドリア
アーセナル8-2スパルタ・ロッテルダム
PSV3-2ポルト
トッテナム5-1SCヘーレンフェーン
リヨン1-2ラツィオ
アトレティコ6-1ADOデンハーグ
フェイエノールト5-7ビジャレアル
セビージャ4-6レアル・サラゴサ
ル・マン1-5マンチェスター・シティ
ローゼンボリ4-1カリアリ
ユベントス6-1パナシナイコス
フェネルバフチェ0-2ニューキャッスル

2回戦組み合わせ
オリンピアコス-デポルティーボ
サンテティエンヌ-ディナモ・キエフ
ナント-アーセナル
PSV-トッテナム
ラツィオ-アトレティコ
ビジャレアル-レアル・サラゴサ
マンチェスター・シティ-ローゼンボリ
ユベントス-ニューキャッスル

連覇を狙うニューキャッスルが順当に初戦突破。
2回戦ではユーベと当たるだけにこのカードには注目が集まる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tricolorpower.blog46.fc2.com/tb.php/144-7656c409

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。