プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開幕戦を苦しみながらも終わってみれば3-0の快勝で終えた
セルティックの第2節の相手はチェルシー。
今季最初のビッグ4との試合だ。

前半はチェルシーペース。
厳しいプレッシャーの前にセルティックは
パスを中々回すことが出来ない。
逆にチェルシーはシェバ、ロッベン、ドログバの3トップが
起点となってセルティック守備陣を脅かす。
22分にはシェバがキーパーと1対1になるも
秋元のスーパーセーブで難を逃れる。
セルティックは左サイドから長谷部の低いクロスを
ヘッセリンクがダイレクトで合わせるも枠を捉えられない。
前半終了間際には、ドログバがフリーでシュートを放つも
ポストに嫌われてしまう。
前半は結局チェルシーのペースで折り返す。
後半になってもチェルシーペースは変わらない。
7分には右サイドからシェバがPA内に進入。
ここは青山が勇気のあるスライディングでボールを奪取。
20分にもランパードが強烈なミドルを放つもキーパー真正面だった。
24分にはヘッセリンクに変わってロビー・キーン
俊輔に変わってエスピノーサを投入した。
後半29分、エスピノーサが1-2で抜け出してシュートを放つも
サイドネットを揺らす。
その後は両チーム膠着状態となったが
セルティックがとうとう試合を動かす。
敵陣近くでボールをキープしたエスピノーサのスルーパスに
ロビー・キーンが抜け出す。
フリーで中央の大久保にパスを出し、大久保が難なく
流し込んでついにセルティックが先制した。
試合はそのまま1-0で終了。
今季最初のビック4との試合を勝利した。

第3節を挟んでの第4節はアウェイでリバプールと。
この試合はセルティックペースで進む。
18分にはヘッセリンクは長谷部のクロスに合わせるも枠外へ。
更に24分、ブラーフヘイトがこぼれ球を22m位の位置から
シュートするも相手DFのブロックにあってしまう。
しかし34分、中央でキープした大久保のパスに
長谷部が反応し、右足を振りぬいてネットを揺らす。
これで長谷部は今季4点目、絶好調だ。
前半を1-0で折り返すと、後半もセルティックペースに。
15分、29mの位置から俊輔がミドルを放つも惜しくも枠外。
負けじとリバプールも反撃にでる。
28分にはシャビ・アロンソのミドル、30分には
左サイドを突破したルイス・ガルシアのクロスに
フリーでファウラーが合わせるも枠外に逸れてしまう。
40分には大久保が、ロスタイムには途中出場の
ロビー・キーンが左サイドを突破した長谷部のクロスに
合わせるも大久保はキーパーのスーパーセーブ
キーンは枠外へ飛んでしまう。
追加点は結局取れなかったが、セルティックが逃げ切り
開幕4連勝を果たした。


☆移籍NEWS☆
・リバプールのクラウチがPSVに移籍。
ルイス・ガルシア、カイト、ファウラー、ベラミーといった
FW陣を揃えるだけあって中々出番の少ないクラウチが移籍志願。
オランダのPSVに移籍する事になった。
これには「国外逃亡か」というようなサポーターからの批判もあったが
これは期待の裏返しということか。

・ウーゴ・ビアーナ、マンUへ。
バレンシアのウーゴ・ビアーナがマンUに移籍した。
06W杯ポルトガル代表でチームメートだった
C.ロナウドとのホットラインが形成されるかに注目が集まる。

・三都主、川口がレアルに移籍
日本代表MF三都主(浦和)とGK川口(磐田)が
スペインの名門レアルに移籍することになった。
三都主にとっては念願の海外移籍。
川口にとっては2度目の海外移籍となる。
レアルだけあって、ベンチ入りすら難しい状況だが
川口はベンチ入りメンバーに入るであろうと言われている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tricolorpower.blog46.fc2.com/tb.php/141-156b6b62

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。