プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やぁやぁ、あけおめです。
とうとう2007年がやってきました。
皆さんはどういう年越しを迎えたでしょうか。
俺はフレチャでわいわいとしながら年越しの瞬間は三点倒立をして迎えました。
若干失敗しましたが^^;

さて、今日は天皇杯決勝観に行きました。
その時の写真でもうpしますかね。

abcdDSCF0001.jpg
アップの時の浦和ゴール裏。


abcdDSCF0002.jpg
選手紹介時の浦和ゴール裏。


abcdDSCF0003.jpg
選手入場時の浦和ゴール裏。


abcdDSCF0004.jpg
ビッグジャージの中には・・・


abcdDSCF0006.jpg
なんとハートのマスゲームが。

前半はガンバペースでした。
開始直後こそ浦和がペースを握るかと思われたが
ガンバが猛攻を仕掛ける。しかし、詰めの甘さが目立つ。
10本以上のシュートを打ったのにも関わらず無得点。
自分たちの時間帯に点を取れないという嫌な雰囲気のまま折り返す事に。


abcdDSCF0007.jpg
後半開始直前の浦和ゴール裏。


abcdDSCF0011.jpg
ヤットのCK。


abcdDSCF0014.jpg
もういっちょ。


abcdDSCF0015.jpg
PA内で必死のポジション取り。


abcdDSCF0016.jpg
浦和は全員引いています。


abcdDSCF0017.jpg
マグノが惜しいヘッドを放つもサイドネット。

後半もガンバペース。
しかし都築の好セーブ等で1点が奪えない。
逆に浦和はカウンターから岡野が抜け出し右サイドからクロス。
ガンバのDFに当たってコースが変わるもこぼれた所を
永井が押し込む。松代が反応するもゴールは無情にもネットに吸い込まれ
浦和が数少ないチャンスを活かして先制。
残り3~4分というところで先制されたガンバ。
ロスタイム3分が経過した所でFKのチャンスを得る。
ラストプレーのこのチャンスでキッカーはヤット。
しかしボールは落ちきれず枠外へ。
その直後にタイムアップ。浦和が2冠達成となった。
浦和の倍以上のシュートを放ったガンバだが、決定力不足に泣き。
浦和は対照的に数少ないチャンスをものにした。
12月2日とはほぼ逆の展開だったが、またも浦和に、サッカーの女神は微笑みました。
スポンサーサイト

コメント

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
浦和のマスは北朝鮮にも劣りませんねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tricolorpower.blog46.fc2.com/tb.php/132-490d4c72

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。