プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準々決勝大胆予想

とりあえず、俺の予想した準々決勝
ドイツ-アルヘン
イタリア-スイス
イングランド-オランダ
ブラジル-スペイン
は1つしか当たりませんでしたね。
だから今度は準々決勝とかのブロック順に予想しますかね。

とりあえず準々決勝予想。

ドイツ2(PKでアルヘン)2アルヘン
開催国の意地で同点に追い付き、PK戦へ。
しかし、それが逆にプレッシャーになりドイツがミスを連発。
アルヘンが勝利し4強へ。

イタリア3-1ウクライナ
シェバVSイタリアというこの上ないカード。
怪我人と出場停止にやや不安が残るもイタリアに軍配。
鍵はシェバ対ジラルディーノの元同僚ストライカー対決。

イングランド2(EX1-0)1ポルトガル
2年前のユーロの再現。あの時はPKでポルトガル勝利も
今回は延長もあと少しで終わりという所でセットプレーから
勝ち越し、イングランド4強へ。

ブラジル1-0フランス
8年前のW杯の決勝の再現。ブラジルの猛攻をフランスが凌ぐも
終盤に集中の糸が切れブラジルに決勝点を許す。
ブラジル連覇へ4強進出。


てか、今思うとイタリアって決勝Tのくじ運と言うか
組み合わせ、かなり恵まれてるな。

genneiさん
>強い者が勝つのではない、勝った者が強いのだ

>この言葉いいですよね。俺はキャプテン翼で知りましたけどね。

>スイスは若いので次の大会でも着た出来ますね


俺はコナン読んで知りました
この言葉は名言ですよね。かなり好きですw
スイスは南アフリカもそうですが、その次まで期待出来ますw
スポンサーサイト
いよいよ、W杯、ベスト8の椅子も少なくなり
今朝方、俺の愛するスイスがシェバ率いるウクライナと対戦。
両チーム一進一退の攻防を繰り広げるも、90分では決着が付かず
今大会2回目の延長戦へ突入。

延長に突入すると両チームの選手は足が止まり
中々鋭い攻めは見せる事は出来ずにいたが
時折見せる攻撃をお互いの守備陣が気合の守り。
120分間が終了し0-0、今大会初のPK戦へ。

ウクライナは最初のキッカー、シェバが止められてしまう。
しかし、スイスも最初のキッカーシュトレーラーがミスしてしまう。
その後、ウクライナが全員決めてる間にスイスは1人も
ネットを揺らすことは出来なかった。

惜しかったですね、スイスは。
運が無かったと言うか何と言うか・・・・・
ここにきてのセンデロス等の怪我人が痛かった。
エースフォンランテンの不在も響いたなぁ。
ベストメンバーが揃った時のスイスを見てみたい。
てか、早く見たい。

まぁ今日の試合はPK戦には負けたけど勝負には負けてませんね。
両チーム主力欠場とあっても、それでもチーム力的には
スイスの方が上だと思いますね。
PK戦は全くのイーブンにチャンスは与えられますからね。
でも、こういう言葉があります。

強い者が勝つのではない、勝った者が強いのだ

かの有名なフランツ・ベッケンバウアーが
地元開催となった1974年W杯西ドイツ大会決勝戦
空飛ぶオランダ人ヨハン・クライフのオランダに勝利し、
サッカー選手としての最高の栄誉を手にした時に残した言葉だ。

確かに、スイスの方がチーム力は上だった。
洗練された組織デフィンス、鋭いカウンター。
しかし、それの上を行くサッカーをウクライナはしていた。
サッカーの神様はウクライナを選んだ。
120分間の闘い、PK戦全てが1つの試合。
世界の16強がぶつかり合う舞台なのだから
やっぱりウクライナはスイスより強かったのだろう。

だが、こういう事も言える。
センデロスをはじめとして、スイスには若い力がたくさんある。
この敗戦を糧に、飛躍する事も十分ありえる。
サッカーの神様は、この素晴らしい戦いの敗者として
選んでしまった代わりに
自信と経験、そして“時間”を与えてくれた。
まだ勝ち上がるには早かった。
まだ若いのだから十分先がある。
スイスにはW杯を制す力を付けるたくさんの時間があることを
改めて実感させてくれた。
2年後のオーストリアと共催のユーロが、スイスにとっての1番の
分岐点になるだろう。
敗戦のショックに打ちのめされずに、次のステップに進んでほしい。
まだ、スイスサッカー界には長くて険しい、
勝者への道が残されてるのだから。



2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会
スイス代表、無失点で決勝T1回戦敗退。
スイス代表は、1点も許す事無くドイツを去る・・・。

W杯史上初めて、無失点での敗退チームとなった。




今後の展望

とりあえず決勝T1回戦予想。

A①ドイツ3-1スウェーデンB②
開催国の意地がズラタン弾のスウェーデンに快勝。
クローゼ弾が火を吹く。

C①アルヘン1-0メヒコD②
意外に苦戦と予想。
でもテベスゴールでアルヘン。

E①イタリ3(EX1-0)2オーストラリアF②
イタリアリードも5トップのオーストラリアが意地の同点劇。
しかし延長でピルロのゴールでアズーリ勝利。

G①スイス1-0ウクライナH②
俺の愛するスイスがバルネッタのゴールで勝利。
シェバを抑えまたも無失点。

B①イングランド2-1エクアドルA②
オーウェン離脱の危機を皆で乗り切ったイングランドに軍配。
エクアドルの挑戦終了。

D①ポルトガル0-1オランダC②
一進一退の攻防を繰り広げるも前半のロッベンのゴールを
守りきったオランダがベスト8。

F①ブラジル3-2ガーナE②
ガーナの予想外の健闘にブラジル冷や汗も
王者、貫禄の逆転勝ち。

H①スペイン1-1(PKでスペイン)フランスG②
ジズー引退・・・
今大会初のPKはカシジャスの活躍でスペイン。

~準々決勝~
ドイツ1-2アルヘン
開催国ドイツ力尽きる。
アルヘン優勝まであと2つ。

イタリア0-1スイス
俺の愛するスイスがフレイの前半のゴールで逃げ切り
初のベスト4進出。

イングランド2-1オランダ
俺の愛する2チームが激突。オーウェンへのゴールといわんばかりに
ルーニー2発で逆転勝ち。

ブラジル1-1(PKでスペイン)スペイン
王者敗れる。2戦連続PK戦になったがカシジャス奮闘により
スペインが4強進出。

~準決勝~
アルヘン0-0(PKでアルヘン)スイス
スイスDF陣がアルヘンの攻撃陣を抑えるも、若さが出たか
PK戦で夢破れる。しかし無失点記録継続へ3決に挑む。

イングランド1-0スペイン
ジェラードミドル決まりイングランドが決勝進出。
全てはオーウェンの為に。

~3決~
スイス1-0スペイン
スイスが無失点で3位に。
スペインは惜しくも4位。

~決勝~
アルヘン3(EX0-1)4イングランド
決勝戦で因縁の対決。激しい打ち合いになるも最後は
延長にベッカムのFKが決まりイングランドが2回目の優勝。

当たるといいなぁ。
ジーコジャパンの4年間って一体何だったんでしょうね。
日本サッカー史上最も無駄に終わった4年間に思えますね。
選手達がかわいそう。自分のサッカー選手としての技量、
選手として1番脂の乗った状態でのW杯があんな迷監督のせいで
台無しになってしまうなんて。
まともに采配も揮えない、選手のコンディションも見極められない、
試合の流れを全く読めない、こんな監督が代表監督の時点で
日本サッカー協会及び、日本サッカー界は恥じるべきです。
日本のこの惨状は4年前から決まってたのかもしれませんね。

ブラジル戦では明らかに俊輔のコンディションが悪かった。
それを知っていながらの起用で俊輔のところで 
ボールを失ったり、セットプレーでも良い所に蹴れないし。
こんな時に松井がいればなと思いましたよ。
しまいには試合終了後の会見で、日本の選手達の
フィジカル不足を言っていましたが、そう思うのなら
マツを呼べよ。日本のDFの中で3本の指に入るんだから。
宮本不在のキャプテンだって、佑二よりマツの方が向いているし。
佑二は自分でキャプテンには向いていないって言ってるんだからね。
選手が下を向いている時に後ろから叱咤激励する選手が
いるほうがチームのメンテリティも上がるのにね。
ブラジル戦は能活かヒデがキャプテンやるべきだった。
そんで、何でオガサに変えてナカタコなのかな。
何でそういう保守的な采配をするんだろうか。
それはまだ言いとして何で高原?
まともにシュートすら打てない奴入れて効果あったのかな。
結果的には早々に怪我してヤットの出場叶わなかったし。
ヤットがかわいそうだ。
高原に至っては自分のブログ荒される始末。

何か、こうやって書いているうちに空しくなってきますね。
本当にドイツで勝つ気があった人って何人いるんだろう。
サッカー選手らしからぬシュートミスしてる人を代表に呼んで
ジーコジャパン最多得点の人をさんざん、酷使して
怪我に繋がらせて、最終的には落選させたり。
自業自得です。確実に久保の呪いです。
知ってる?ジーコ。
お前が酷使した挙句落とした久保竜彦は、
ナビスコ準々決勝で2戦連続ゴールなんだよ。

次の監督は、選手個々の技量が一定レベルに達してないのに
個の力で上に行こうとする馬鹿な考えをもった監督ではなく
全員サッカーを掲げる監督にしてください。
今日がジーコジャパンのラストマッチになるんですかね。
まぁ4年間の集大成を見せてほしいですね。
真っ向からぶつかっても勝てないような相手だから
必殺の飛び道具に期待。
注目は俊輔と佑二です。
唯一高さでまともに勝負できる佑二に期待。
だから、俊輔ちゃんと良いボール蹴ってね。
あと、三都主のデコ級のミドルにも期待。
日本の選手でデコ級のミドル蹴れる可能性がわずかながらあるのは
三都主とヒデでしょうね。
ミドル打つだけじゃなく、バーやポスト直撃、
キーパー弾いたりという場面も想定してFWはしっかり詰める事。
ブラジル戦はシュートを打つという課題よりも点を決めるというのが
大きな課題。FW陣は、ちゃんと少ないチャンスを活かす事。


そして、最後まで諦めないこと。
応援している国・選手ですかぁ。
1カ国に絞るのは難しいですね。
というか無理です。
サッカー初心者は日本って言うんですかね。
でも、何故日本が今大会死んでるのかという理由や
自分の贔屓チームとジーコ及び日本協会の関係等の事情を知ってると
とてもじゃないですが母国を応援する気にはなれません。
それでも義理人情的なもので応援しているんですがね。
まぁ一種の非国民ってやつですよ。

んで、俺が応援しているのは、先ずはオランダ
オランダのサッカーは観ていて楽しいと思えるサッカーですかね。
あのマカーイが代表から外れるほど層の厚いFW陣は
世界トップクラスです。
伝統の3トップ、ニステル、ロッベン、カイトに
ペルシー、ファールト、等の選手達で構成される攻撃陣は
魅惑の攻撃陣と言っても良いでしょう。
その中で1番応援しているのはやっぱりロッベン。
左サイドを切り裂く彼のプレーを見ていると本当に気持ち良いです。

そんで次はイングランド
ジェラード、ランパード、J・コール、ベッカムといった
世界屈指の中盤の選手にオーウェン、ルーニーという
2トップはまさに世界トップレベル。
特にジェラード、ランパードのコンビは世界最高と言っても
過言ではないでしょう。
オーウェン離脱は痛いですが、それでも長身のクラウチが
いることでベッカムのピンポイントクロスが活きるでしょう。
そんなイングランドで1番応援しているのはジェラード。
左右両方から蹴れる強烈なミドルのとりこになってます。
スウェーデン戦ではヘッドからゴールと、得点感覚の素晴らしさを
証明しています。

そして、最近のお気に入りというか、どこの国の試合よりも
感情移入してしまうのがスイス
日本にも是非お手本にしてほしいCBセンデロスを中心とした
組織デフィンスは圧巻の一言です。
そして何よりも若い力が伸びてる!
4年前のU-17欧州選手権を無敗で制した時のチームの
主力選手が多いです。
今大会は怪我で出れないエース、フォンランテンがいればもっと
チーム力は上がるでしょうが、フレイ、ギガックスといった
攻撃陣でゴールをこじ開けてほしい。
1番好きな選手はセンデロス・・・と言いたいところですが
ここはあえてバルネッタで。
トーゴ戦のあの強烈なシュートは俺の中での今大会ベストゴールの
中に入っています。てか下手したら1位かも^^;

ともかくこの3カ国には是非ともGL突破をしてほしい。
特にスイス頑張れ。スイス優勝したら学校に
スイス国旗のフェイスペインティングして行きます。

料理をした

060618_134034.jpg

久々に料理をしました。
何となくそんな気分だったので昼食にお好み焼きを作りましたよ。
このお好み焼きの中に入っているのは

・海老
・さくらえび
・キャベツ
・チーズ
・カレーパウダー

です。味は結構よさげでした。
ちなみに、右奥にあるお好み焼きは
・海老
・さくらえび
・キャベツ
・チーズ
・カレーパウダー
キムチ
ツナ
が入っています。
何か、生地を焼いているうちに
凄い匂いを発していました。
まぁ見た目は普通のお好み焼きなんですがね。

で、肝心のお味はと言うと・・・・・・
キムチのしゃきしゃき感とチーズのとろ~り感と
ツナの生臭さの少しある味に海老のぷりぷり感が
美しいハーモニーを奏でていました。
食べる前はちょっとあれでしたが意外にいけました。
でも、カレーパウダー入れたのにカレーの味があんましなかったのは
ちょいと残念(´・ω・`)
今日の夕飯に俺がリクエストしたカレーパウダー入りの
ハンバーグはカレーの味かなりしたんだけどな。

ていうか何となくだけどお好み焼きの研究をしたくなったり(ぁ


トッピングが下手なのは気にしないで

負けちゃったね

昨日のオーストラリア戦、結果は1-3の完敗でした。
てか、能活の魔法がなかったら、1-6ぐらいはいってたでしょうか。
昨日の敗因は、まさに監督の差ですね。
ヒディングは途中出場の2選手が共にゴールし、ラスト10分で
3ゴールを挙げました。
一方のジーコはリードしてる展開で
何が何でも逃げ切らなければいけない展開で
ヤナギ→伸二という手段を選びました。
これが直接失点に繋がったわけではありませんが
明らかにこの采配はおかしいと思いますね。
同点、あるいはビハインドの場面ならともかく
リードしてる展開で、運動量無いし、守備の出来ない伸二はねぇ・・・
あそこは稲本入れてトリプルボランチにしてまでも逃げ切るべきだった。
どんなに批判されようが、それだけの事をしてまでも
手に入れる価値がありますからね、勝ち点3は。
もしくは、玉田でも良かった。更に高原に変えて巻を入れ
バックラインからの中盤無視の放り込みサッカーしてれば
結果は同じじゃなかったかもしれない。
完全に運動量の落ちてる中盤を経由するより
中盤無視して確実にトップに当てていくような攻撃して
あとは亀のように守ってれば・・・・・・

そこだけを指摘してもしょうがありません。
追加点を奪えなかったFW陣にも非があります。
シュート態勢に入るのに手間取り、相手に詰められ、
シュートを打とうとしない。
やっと打ったと思ったらヘナチョコシュート。
走りこんできた相方の後ろにパスを出す。
大チャンスにも枠を捉えられない。

他の3カ国との大きな差は、やはり絶対的エースストライカーですね。
ロナウド、プルショ、ビドゥカ、こういった選手がいるかいないかでは
大分差はあります。ここでも日本の決定力不足の露呈です。
また、この試合を含め、今大会これまで見てる中で
日本とワールドクラスの差を痛感することがあります。
まぁ今更感強いですが
強い国にはたいてい、ミドルを枠内に飛ばせる選手がいます。
ドイツのラーム、フリンクス。
オーストラリアのケーヒル。
チェコのロシツキー。
イタリアのピルロ。
などはミドルから豪快に決めています。
また、イングランドのランパード、オランダのロッベンなどは
決まりはしませんでしたが、強烈なミドルからCKを得たり
することが出来ています。
日本には俊輔ぐらいしかいませんが、それもたまにしか打たないし
世界クラスというミドルが打てるのもごく稀です。
崩して点が取れない時の飛び道具を完備している国は
やっぱり強いですね。
てか、そんな選手のいるオーストラリアがアジア枠に入っちゃって
日本は4年後大丈夫なんだろうか(´・ω・`)

とにかくオランダ、イングランド、スイスガンガレ、超ガンガレ。
さぁ、いよいよ後1時間ほどで運命の緒戦を迎えます。
ジーコジャパン4年間の集大成を見せてほしい!
予想スコアは、本音を言うと1-1の引き分け予想ですが
日本国民ですし、ここは強気の予想でw

ズバリ、今日は2-0ですね。
俊輔のCKから福西のゴール。
そして、速攻からヤナギのゴールと予想。
守備陣も佑二がビドゥカを抑えてくれるでしょう。

・・・・・以上、ウイイレのシミュレートでした。

とにかく、俺は結果、内容よりも、この夢舞台を
日本の選手達が思いっきり楽しんでくれれば良いです。
それで結果が付いてくれば最高なわけですよ。
誰もがこのピッチに立てるわけじゃないですからね。
当然、立てなかった人もいるわけです。
怪我が怖くてもドイツへ行く為に選手生命を賭けた選手
熱きドイツへの情熱はサポを震え上がらせた、4年前の中心選手。
ドイツへ行くのは簡単だ。
でも代表選手としてその舞台に立てるのはほんの一握り。
数あるサッカー選手の中で、僅か700あまりの選手だけが
ドイツのピッチに立てる事を許される。
その中で試合に立つことが出来るのが許されるのは
350あまりの選ばれし者だけ。
そのピッチに立てる喜びをかみ締め、最高の試合をしてほしい!

祭りだワッショイ

さて、早いものでもう2006年W杯が始まります。
4年前、俺がW杯見に行った時はまだ小6でした。
「次のW杯の時は高校生か~」
とか言ってたのでかなり不思議です。
何も違和感なく高校生活を送っているんですからね。

1年前の今日、昔の日記でW杯へのカウントダウンを
始めたのが懐かしいです。
結局移転後何もやってませんが

全世界が注目するW杯開幕戦は
ドイツVSコスタリカ
微妙にコスタリカが一泡吹かせてくれないかと期待してます。

まぁ俺的にはイングランドとオランダとスイスが
頑張ってくれれば良いや。

全部返ってきた

やっとテストが全部返ってきました。
感想とかいれようと思いましたが面倒なので
どばどばといっちゃいます。

国語・・・・・64点 平均点:60点ぐらい

数学I・・・・・88点 平均点:70点ぐらい

数学A・・・・・75点 平均点55点ぐらい

英語I・・・・・66点 平均点50点ぐらい

OCI・・・・・69点 平均点70点ぐらい

生物I・・・・・77点 平均点60点ぐらい

現代社会・・・・・69点 平均点60点ぐらい

保健・・・・・76点 平均点60点ぐらい

合計・・・・・584点
クラス順位 12位/41位

まぁ真ん中ぐらいで良いやという気持ちで挑んだ割には順位が
良かったのは驚きですね。
次はトップ10目指して頑張ろうっと。

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。