プロフィール

シーマン

Author:シーマン
マリノス、ロッテ、ELT、高校野球を愛している受験生です。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごもっともだけど

落合の言ってる事は確かに正論。
選手が出たくないって言ってるのにバッシングされる意味が分からん。
しかも海外組は何も言われないってのはどうかね。
日本の代表である前にチームに属してる選手。
代表専属の選手ならまだしも、チームに属してる選手が
怪我や、自己管理の面で不安だから辞退ってのは正当な理由でしょ。


何でこう中日擁護してるかと言うとですね
中日勢の変わりにリストアップされた選手の中に賢介がいるというからです。
最初から候補に入ってないのかよ
どんだけ原はパを見てないんだ。
普通に考えたら賢介は最初から代表候補入るレベルだろ。
マジで原はねーわ。
ま、ロッテから誰も選ばなかったらそれはそれでシーズンに集中できるので良いです。


以上、朝まだ時間のあるので書いた俺の意見でした。
スポンサーサイト
今日の朝日新聞朝刊のスポーツ欄の
楽天の青山の記事を読んでふと思った事。

>試合前にはロッテの守護神を長く務め、そのフォームを
>参考にしている小林雅(インディアンス)のビデオを見て吹っ切れた。
「雅さんは打たれても仕方ない、と思い切って投げていた。」

うーん。
思い切って投げるにはある程度そういう事も
必要なのだろうけど、そこを参考にするのはどうなのかなーw
まぁ打たれてもケロッとしていて
何度も何度も打たれようがしっかり抑えるときは抑えるという
劇場っぷりが劇場たる所以だしそこが彼の偉大さなのかもしれないけどね。
クローザーを長くやる以上打たれるときは必ずあるし
大切なのは救援失敗しても次はちゃんと抑える事じゃないかなと。
優勝目前で炎上して相手に勢いをつけてしまうも
次はきっちり抑えて胴上げ投手になるなんて
並大抵の精神力じゃ出来ないでしょうしw
星野JAPANがKOREAに勝ちました。
試合時間が長いので日曜洋画劇場が中止になりましたよ。
さて、数多くの映画ファンを涙目にさせた試合を振り返りましょうか。

まさかの成瀬先発。
ダルが先発と思ってたら何と成瀬。
初回、いきなり三振を奪うも2番に打たれて先制される。
しかーし、2回には同僚成瀬が失った1点を
サブローがタイムリーで取り返す。
この辺にはサブローの意地みたいなものが見れた。
流石は繋ぐ4番。その仕事は何番になっても変わらない。
その後、成瀬は2回3回をぽんぽんと抑えるも
4回、またも2番打者のヒットを足がかりに1点失う。
でも、そこからが成瀬の真骨頂。
ピンチに強い成瀬、シーズン中あの悪夢の試合を除いて
幾度となくあぁいう場面を切り抜けてきた姿を見ているので
特に心配はしてませんでしたが、仙一のゲキが効いたのか
シーズン中でも中々見せないネ申ピッチ。
あの投球にはしびれました。
リリーフ下川上も難なく抑えてピンチ脱出。
その辺で風呂に入って出てきたら岩瀬が満塁のピンチ。
ここも再び三振で切り抜け切りぬけ
稲葉のタイムリーで追加点、その裏に犠飛で1点失うも
後続を抑えて最後は上原が貫禄を見せて終了と。

明日はダルだし、問題はないでしょう。
てか、里崎出てないのは何でだー。

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。